自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとする「レトリバ」が資金調達(総額7.5億円)

自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとしてコールセンターの問い合わせ分析、回答支援などを行うソリューションを提供する「株式会社レトリバ」が、資金調達を実施したと発表した。

●出資会社:

・SBIインベストメント株式会社
・株式会社東京大学エッジキャピタル
・SMBCベンチャーキャピタル株式会社
・みずほキャピタル株式会社

●出資額:総額7.5億円

※画像はイメージです。

●プレスリリース Click Here

ユニコ
ユニコ
AIに強みを持つスタートアップへの出資が活発!しかも、金額が大きい。「デジタルトランスフォーメーション」という言葉がはやっているけれど、そのコアとなる技術はAIと画像解析な気がしてて、まだまだこの潮流が続くように思われます。あと、まだ学生で起業を目指すなら、がんばって東大や慶応に行くのがいいんじゃないかと。よく出資しているイメージです。

あわせて読みたい